オードブルに秘められている食事の知恵

オリジナル見出し01

オードブルはアペタイザーとも呼ばれることからも分かるように、食欲を増進させるために振る舞われる料理です。



主菜を食べる前に健胃作用を促進させて、最良の状態で味を楽しむための知恵と言えるものです。



主菜となる料理に対して、量は少なめとなっています。



歯ごたえと香りが良い果物や野菜など使う場合が多く、香りが鮮烈で酸味も強い料理が多い特徴もあります。


オードブルの料理にフェンネルが使われていれば、芳香性の健胃効果によって食欲が増進します。


フェンネルは西洋料理においては消化を促進させるために多用されますが、食欲を増進させるためにも欠かせません。

芳香の強いハーブとしては、バジルやディルなどもよく使われます。


バジルとトマトは特に相性が素晴らしく、オードブルの料理としても重宝する食材です。

イタリア産のチーズにトマトの輪切りを添えて、バジルとオリーブオイルのソースをかけると美味です。



イタリア料理であれば、バルサミコ酢を使って酸味を増やすことで、食欲を増進させることもあります。オードブルはフランス語ですが、日本語であれば居酒屋のお通しや日本料理店の先付にも似ています。

普段の家庭料理でも、最初に香の物を食べて食欲を増進させることもできます。
もずくの酢の物やキュウリのぬか漬けについても、和食のオードブルとして通用します。



甘酸っぱい食前酒についても、主菜を食べる前に飲むことがあります。日本料理であれば、梅酒を飲んでから食事を進めることも珍しいことではありません。



関連リンク

  • タイトル21

    オードブルはアペタイザーとも呼ばれることからも分かるように、食欲を増進させるために振る舞われる料理です。主菜を食べる前に健胃作用を促進させて、最良の状態で味を楽しむための知恵と言えるものです。...

  • タイトル22

    私達、日本人がオードブルと聞くと、クリスマスやお誕生会、宴会など人が集まる機会に見かけることが多いお惣菜の盛合せを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。大きなお皿の仕切りごとに様々な料理がびっしりと並べられているのが特徴です。...