日本人にとってのオードブルとは

オリジナル見出し01

私達、日本人がオードブルと聞くと、クリスマスやお誕生会、宴会など人が集まる機会に見かけることが多いお惣菜の盛合せを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。



大きなお皿の仕切りごとに様々な料理がびっしりと並べられているのが特徴です。



大皿のお惣菜の盛合せというのは日常的に置いているというスーパーなどは少ないですが、予約をしたりすることで予算に合わせてオードブルを様々なお店で作ってもらうことができます。


仕出し料理屋だけではなく、お弁当屋さん、コンビニエンスストア、一般の飲食店などパーティー用のお惣菜の盛合せを扱っている所は非常に多く、様々な種類があります。



一般的に日本のオードブルは定番として、唐揚げ、とんかつ、チキンナゲット、エビフライといった食べ応えのある揚げ物のおかずが入っていることがおおく、ファミリーで食べることを想定して大人から子どもまで楽しめる内容のものがほとんどです。



その代わりに魚料理は少なく、入っていたとしても塩鮭を見かける程度の事が多いです。



年配の方も一緒にオードブルを楽しめる内容のものが欲しいから、魚料理を多く入れてほしいという場合には、魚料理を扱うお店などに頼むと新鮮な魚料理がメインの料理を作ってもらうこともできるようです。

日本人にとって、オードブルとは人々が集まってお祝い事をする時に食べられる料理として非常に親しみのあるものです。



お正月やクリスマスなど、おせち料理やクリスマス料理を作る代わりに毎年注文しているという家庭も多くなってきています。


関連リンク

  • タイトル21

    沖縄は、皆で集って飲み会をするのが大好きな県民です。暑い日中を避け、涼しくなる夜から活動しはじめ、遅くまでワイワイと飲み明かします。...

  • タイトル22

    オードブルはアペタイザーとも呼ばれることからも分かるように、食欲を増進させるために振る舞われる料理です。主菜を食べる前に健胃作用を促進させて、最良の状態で味を楽しむための知恵と言えるものです。...